もしもヘルペスになったら

ヒトに感染する単純ヘルペスについて

ヘルペスとは、水ぶくれが集まった状態のことです。
ウイルスによって感染する感染症で、人間に感染するヘルペスウイルスは8種類あります。
その中でも代表的な単純ヘルペスウイルスについてご説明させていただきたいと思います。
1型と2型がありまして、1型には「口唇・角膜ヘルペス・ヘルペス性歯肉口内炎・カポジ水痘様発疹症」などがあります。
2型には、「性器ヘルペス」などがあげられます。
このウイルスは、体のどの部分にも感染し、皮膚に水ぶくれを起こします。
症状は、小さな水ぶくれがいくつもでき、痛痒さがあります。
この状態が続き、水ぶくれが破けてかさぶたになると、約1、2週間程で治ります。
免疫力が落ちている時、ストレスなどが原因と言われています。
感染者に接触することにより感染し、免疫力が高いときには、感染しないか感染しても軽度で済みます。
単純ヘルペスウイルスは感染力が強いため、直接的な接触感染の他にウイルスがついたタオルやグラスなどからでも感染します。
治療には、抗ヘルペスウイルス薬が使われます。

厄介なことに症状が治まっても、ウイルスが体からいなくなったわけではないので、再発することもあります。
神経細胞に潜んでいて、風邪で熱を出した時や体に疲れがたまっている時、強いストレスがある時、紫外線を受けた時などでも再発してしまうのです。
なのでこの厄介なウイルスとうまく付き合って生きていかなければなりません。
そしてこのウイルスは、大人だけが感染するのではなく小さなお子様にも感染してしまうのです。
それだけは絶対に避けたいですね。
感染してしまったらまずは病院に行き、しっかり医師の診断を受け、適切なお薬で対処していきましょう。

■おすすめサイト
ヘルペス治療薬を見る
ジスロマックを通販しよう
バルトレックス
エンペシドクリームは直接塗って即効果